目尻にできてしまう小じわの対策方法についての考察

目尻のしわ対策

 

 

目の周囲にある皮膚は、他の皮膚に比べて薄くてデリケートです。そのため、荒れたり乾燥したりしやすいのですが、目尻のしわができる原因となるのでしっかりケアすることが大切です。

 

特に目の周囲の肌の乾燥は、角質細胞を離れやすくし、肌表面の亀裂をもたらします。これがしわとなるのです。また角質細胞が離れやすくなることで、肌の弾力が弱まり、結果としてたるみやすくもなります。いわゆる「たるみ」も、肌の乾燥が関係しているのです。

 

肌の乾燥にはさまざまな原因が考えられます。目の使いすぎといった眼精疲労は、目の周囲の皮膚の乾燥を招きやすいようです。また、毎日アイメイクをしている場合、それを落とすために毎日クレンジングをしていることになりますが、それも一つの原因となっているので注意しましょう。目の周囲の皮膚はとても敏感なため、メイクや洗顔などでも刺激を受けやすく、保水力を失いやすいものなのです。

 

目尻にしわをつくらないためには、普段からむやみやたらと刺激を与えないようにし、加えてスキンケアで肌の保湿力を高めるなど、乾燥予防の手立てを講じておくと良いでしょう。

 

乾燥を防ぐスキンケアでは、潤い成分を与えるヒアルロン酸や、弾力を与えるコラーゲンなどが含まれているものを使うのがオススメです。加齢とともに目尻にしわができやすくなるのも、このヒアルロン酸やコラーゲンが失われていくためといわれているので、保湿成分を配合した化粧水やクリームを使えばある程度の対策が可能です。

 

目尻のしわをできるだけ増やさないために、毎日のお肌のお手入れを入念にすることを欠かさないでください。

 

アナヤスというコスメの特徴