日焼け止め対策について

紫外線対策しっかりしていますか???

 

肌に悪影響を及ぼす紫外線を、みなさんはどのような方法で対策していますか。

 

強い陽射しから肌を護るために日傘を使ったり、サングラスや帽子をつけたりするなどいろいろな方法がありますが、中でも日焼け止めを使う方は多いようです。

 

また暑い季節が近づいてくると、紫外線防止を目的としたクリームもドラッグストアやコスメショップでよく見かけるようになります。
販売されている紫外線対策用のクリームには、その防止効果の強さも様々で、効果が高ければ紫外線をカットする分、肌を傷める傾向があります。

 

そのため、一日の天気やご自身の行動などによって使い分けることが必要になってきます。

 

日焼け止めクリームの紫外線防止効果の強さは、SPFとPAと呼ばれる値で示されています。
購入前にそれぞれチェックしましょう。

 

SPFは、その値が高ければ高いほど、紫外線のB波をカットする効果が高いといわれています。
B波は主に外で浴びる紫外線なので、今日は晴れているのかどうか、どのくらい外で日光を浴びるかどうかによって、SPFの値の異なるクリームを変えることが、みずみずしい肌のキープにつながります。

 

PAは、その値によって、紫外線のA波を防止するための効果の程度を表しています。
A波は肌を黒くさせ、しみやしわなどの原因となるもので、室内にいても日光が届けば浴びてしまいます。

 

PAの高い日焼け止めクリームは海水浴や屋外のスポーツに使い、PAが低いものは普段使いにするなどして、こちらも場面によって使い分けましょう。
尚、日焼け止めクリームは汗で溶けてしまう可能性がありますので、こまめに塗り直すことが大切です。